不動産の売却をお考えの場合、売りたい不動産がどれくらいの価値を持っているのか事前に検討しておきたいものです。

不動産は車などのように車種や走行距離、スペックなどによってわかりやすく数値化することが難しく、また地元の不動産業者が扱う独自の慣習が根強いので、その相場観をつかむことが非常に困難でした。
しかし近年では、不動産の一括査定サービスサイトというものが数多く運営されており、これらのサイトを利用することで不動産の相場を、素人であってもある程度つかむことができるようになってきています。

しかしながら一括査定サービスサイトを利用することはとても有用な面がある一方、いくつか注意して利用したほうが良い点も多々あります。
そこで今回は不動産の一括査定サービスサイトを利用するうえで押さえておきたいメリットとデメリットについて説明していきます。

そもそも不動産一括査定サービスってどんなもの?

家やマンションの売却を検討していてそのおおよその見積もり額を知りたいときに、複数の不動産業者を探してそれぞれの見積もりを出してもらうことになります。
しかしながら自分で不動産業者を選んで探し出してくるという作業は予想以上に困難です。
不動産業者は多くの場合地域に密着して活動しています。

不動産は同じ物件がひとつとない財産ですので、地元に関する細かな情報や現場を把握することが欠かせないため、不動産業者がカバーしている地域は営業所近辺に限られているケースがほとんどです。
そのため不動産の買い取りを検討した場合には、自分の売りたい不動産のある地域について取り扱いのある不動産業者かどうかを、自分でひとつずつ確認して見つけていく必要があります。

また査定を依頼した不動産業者が悪質な業者かどうかを見分けることも素人目には難しく、見積もり業者を選択するという作業だけでもひと苦労なのです。
その点、一括査定サービスサイトを利用すると、自分の売りたい不動産を取り扱ってくれる地元の不動産業者を自動的にチョイスしてくれるのでとても効率的です。

そしてサイトを運営している会社は、NTTデータやソニー不動産などの大企業が多く、査定サイトの登録審査にも厳しいものがあるので、悪質な業者や無許可の業者が登録されていることも少なく、安心して利用することができます。

また一括査定サービスサイトを運営している会社は、登録している不動産業者からの掲載料によって運営されているので、一括査定を利用する際には無料で利用することができます。
このように複数の見積もりをとって不動産の相場観をつかみたい場合には、こうしたサービスの利用によって手間と費用がかからないという大きなメリットがあるのです。

【デメリットその1】査定を依頼するとたくさんの営業電話がかかってくる

しかしながら一括査定サービスサイトの利用に関してはデメリットも少なからず存在します。
不動産業者側にとってこのサイトへの掲載することと不動産の無料査定をすることは、営業活動としての側面があります。

不動産業者は「売り主」であるみなさんと媒介契約を結んで、「買い主」との売買を成立させた場合に報酬を受け取ることができます。
そのため不動産の査定を依頼した「売り主」とは媒介契約を結びたいという業者側の思惑があるわけです。

また複数の業者に見積もりを出すので、多くの業者とのやりとりをする必要がありますから、そういった手続きの管理ひとつとっても大変です。
なかには家にまで来て営業しに来る熱心な業者もいるようです。
不動産に関する契約はごり押し営業でなんとかなるほど気軽な契約ではありませんから、しっかり対応すればそれほど困った事態に陥ることはありません。

しかし売る気のない不動産を安易に見積もりに出してしまうと場合によっては非常に面倒なことになりますし、相手の不動産業者に対しても悪い印象を与えてしまうことになりかねません。
明確に不動産を売るという意志があるまでは、無料といえども一括査定サービスサイトの利用を控えておいたほうがよいでしょう。

【デメリットその2】高めの査定額を提示されることが多い

そして査定額に関して注意すべき点があります。
不動産業者は多くの競合との差を意識して買い取り査定を出してくる傾向にあります。
そのため相場よりも若干高めの査定額を提示してくることが多いのです。

不動産業者は不動産を仲介しているに過ぎないので、実際の売却額にはそれほど執着しません。
売却さえできればよいので買い主側の値下げ交渉に応じてしまうケースも多々あります。
したがってそういった将来の値下げ交渉を見越したうえで、あえて高い値段で査定額を設定しておく不動産業者もなかにはいるのです。

こういったケースでは実際に売却される金額と買い取り査定額に大きな差が生じてしまうこともあるので、査定額と実際の売却額は違うものだと意識しておく必要があります。

もちろん誠実な業者もいますから、あまりに的外れな査定額を出してくることはほとんどないと考えて良いでしょう。
しかし査定額を高く設定したところで不動産業者側にはデメリットはありませんから、一括査定サービスサイトでの査定額はあくまで参考程度として考えておいたほうがよいです。

【デメリットその3】必ずしも探している業者が登録されているわけではない

不動産業者には取り扱う地域の範囲が限られているのが一般的です。
確かに一括査定サービスサイトによって、自分の売りたい不動産を扱ってくれる不動産業者を絞り込むことができますが、サイトごとにおすすめされる不動産業者が違ってくることも多いのです。
なぜなら数ある一括査定サービスサイトすべてに登録している業者は少ないという事情があるからです。

そもそもこうしたサイトにまったく登録していないような零細規模の不動産業者のほうが圧倒的に多いという事実があります。
サイトへの登録には掲載料などの費用がかかりますし、複数のサイトに登録するにはかなりの資金力が必要です。
こういった事情から、一括査定サービスサイトにヒットする不動産業者は比較的大手、中小規模の業者が多いという傾向があります。

ところが必ずしも零細よりも大手、中小規模の不動産業者のほうが、実際に自分にとって良い不動産業者かというと、一概には言い切れません。
不動産業界には古い慣習や地元の人たちにしか知りえない情報が多くあり、そうした事情にはむしろ零細規模の不動産業者のほうがよく通じていることが多いです。

また買い取り先を見つける能力も、豊富な地元のネットワークを持っている零細規模の業者のほうが高いという場合があります。
ですから実際の売却の段階においては、こうした地元の不動産業者を探し出すことになるケースも考えておかなければなりません。

不動産一括査定サイトを上手く活用するためには?

このように不動産の一括査定サービスサイトを利用するときには、メリット面とデメリット面を意識して上手く利用する必要があります。
自分ではいまひとつ相場をつかみにくい不動産の相場を簡単につかむことができ、その不動産を取り扱うことのできる不動産業者を手軽に絞り込むことができるという便利さが、サイト利用の大きなメリットです。

しかしその反面、多くの業者との競合や、売却交渉での値下げなどを見越したうえで媒介契約を勝ち取りやすくしようと、不動産業者側が査定額を高めに見積もってくるケースが多々あります。
あまりに気軽に利用してしまうと、査定を依頼した複数の不動産業者から頻繁に営業をかけられてしまうこともあるのです。

そして一括査定サービスサイトごとに登録している業者もそれぞれに違ってくるだけでなく、地元の事情に精通した零細規模の不動産業者の多くは、どこのサイトにも登録していないというケースがほとんどです。

したがって一括査定サービスサイトを利用する場合は、不動産の売却を本気で検討し始めた段階で、あくまでも売却相場をつかむための参考として無料査定を利用するというスタンスが大事になります。