転勤や家族構成の変化などで、住み慣れた家やマンションを売却する人が増えています。家を売却する際に最も気になるのは、「一体いくらで売れるのか?」ということです。
家を売却する場合の価格設定には不動産会社による査定が大きな影響を及ぼします。

実は家の査定方法には2つあり、査定の対象は物件と土地に分けられます。
ここでは家の査定方法のしくみと、効率よく高値で売却するためのノウハウをご紹介します。

家の査定方法には大きく2つある

家の売却価格を大きく左右する査定は、どのように行われているのでしょうか。
家の査定方法には大きく分けて2つあります。
インターネットの不動産サイトや不動産業者が公開しているアプリを使用した査定(机上査定)、そして不動産業者に来訪してもらい、実際に不動産業者が家を見て判断をする査定(訪問査定)です。

インターネットが普及していないころは、住んでいる地域の不動産業者に依頼をし、実際に内見してもらい査定をしてもらう訪問査定が一般的でしたが、ネットの普及により現在では、まずはネットなどで大まかな査定をしてもらう机上査定が広く浸透しています。

机上査定のメリットは、同期間に多くの不動産業者に査定をしてもらえるため、相見積りとしての使い方ができることです。
ネット上での作業なのでいくつもの業者に足を運ぶ手間もかかりません。

査定価格は大まかではあるものの、相場やその不動産業者の査定水準が理解でき、実際に訪問査定をしてもらう業者を絞り込めることが机上査定の最大のメリットです。
査定の流れとしては、ネットでいくつか不動産業者を選び、机上査定を行った後、査定価格の高い業者に訪問査定をしてもらうという流れが効率的でしょう。

実際に家の査定してもらう時は、物件と土地で評価軸が異なる

机上査定で絞り込んだ不動産業者に訪問査定をしてもらう前に、不動産業者はどのように査定をするのか理解しておきましょう。
まず、査定は土地と物件にそれぞれ分けて評価されます。

物件については、過去の事例と実際の物件の査定を鑑み、評価され査定価格が決定されます。
査定方法については同じような物件の過去の事例については大きく変わることがないので参考情報として使用され、現在の物件の査定が大きく金額に影響を与えることとなります。
では具体的にどうやって評価されるのでしょうか。

物件で評価される項目は非常に多く、大まかには規模、耐震性や使用している部材、設備の質、耐用年数、リフォームなどによる維持管理状態などが査定評価の対象となります。
また、住宅性能・省エネ設備などは付加価値としてプラスの評価となります。

土地においては交通の便、近隣の状況、環境、供給処理施設(排水・ガス)、街路状況(方向・幅員)、画地の状況などが評価されます。
最終的に土地と物件の査定額を合算し、流通性比率(物件が売りやすいかどうかの度合いを比率化したもの)をかけ合わせて、最終的な査定額が決定されます。

家の査定額を高くするためのポイントとは?

土地と物件の査定評価の基準を理解したところで、次にどうすれば物件の査定額を高くしてもらえるのか、ポイントをチェックしましょう。
査定に高評価してもらえるアピールポイントは、マンションと戸建てでは少し違います。

まずマンションでの一番の評価ポイントは駅からの距離、コンビ二やスーパーなど買い物ができる環境が付近にあるかなどの、利便性が重視されます。
マンションは単身用からファミリー世帯用まで物件の専有面積はさまざまですが、マンションは購入後、賃貸として利用価値が側面としてあります。

そのように物件を利用する場合にもやはり駅から近い、コンビ二などが近くにあると賃貸としての価値も高まります。
マンション物件は売買としても賃貸としても利便性が重要なのはこういった利便性を求める市場のニーズがあるためです。

戸建ての場合では騒音が少ない、リフォームが自由にできる、治安が良いなどの生活性が重要視される傾向があります。
さらに戸建てを求める世帯はファミリーが多いため、駅に近い、スーパーや学校、病院などが近いという生活環境の付加価値があれば、さらに評価が高まるのは言うまでもありません。

家を査定してもらう時の注意点

不動産業者に訪問してもらい、家を査定してもらう時はどういう点に気をつけたらよいのでしょうか。

業者に訪問査定してもらう際には、できるだけ家を広く見せること、そして水回りをきれいにしておくことが重要です。
実際の専有面積は図面などで確認をしますが、家を広く見せることで業者の心証を良くし、売る際にクライアントに物件の良い印象を伝えてもらう効果があります。

水回りは生活をするうえで大切な設備であり、故障も発生する部分でもあるので、キッチンや浴室などの蛇口、水回り設備をきれいにしておくことも良い評価に繋がります。

また、気をつけるべきポイントとしては、家のマイナス要因についてはきちんと伝えることです。
物件を売るうえでマイナス部分の伝達を怠ると、告知義務違反になり、後の査定にも大きく響きます。
そして訪問査定後に報告された家の査定内容に対して疑問や不明点があれば、業者に査定内容の根拠を聞くことが大切です。

また、査定は基本的に無料であることが多いですが、訪問査定をしてもらう前に、査定費用の有無を確認しておくことは非常に重要です。
売買成立まで業者とはある程度の期間、長い付き合いになります。
すっきりした関係を保てるよう、疑問や不満があれば都度確認することが大切です。

査定してもらう不動産屋はどうやって選ぶ?

家の売買においては、どういった不動産業者を選ぶかによって、納得のいく売却ができるかどうかが決まります。
失敗のない不動産業者の選び方はどうしたらよいのでしょうか。

まずネットでいつくかの不動産業者を選定し机上査定を行います。
机上査定から得られた結果から、希望の査定金額に合わない業者を省き、希望する金額に近い、何社かの業者を選びましょう。

訪問査定では内見による実測がされますので、机上での査定額との違いが生じるケースもありますが、机上査定と訪問査定で割り出された査定金額の認識がずれにくいので価格の幅に大きな変動が少なく、安心感があります。

また、訪問査定には価格の決定だけではなく、別の選定の側面があります。
それは売買成立まで長く付き合える業者選びの大事なチャンスでもあるのです。

訪問査定は、営業の人柄や誠意などに実際触れ、感じ取れる機会です。
この訪問査定のときに、売買成立まで長い付き合いができそうな営業か、また、企業なのか、さまざまなやり取りの中で判断しましょう。

webで家の査定をしてくれるサイトがある

いよいよ売却の第一歩、机上査定をしてくれる不動産業者を選びましょう。
机上査定をしてもらうには、ネットで査定を行っている不動産業者をピックアップすることが必要ですが、ネット上にはそれこそたくさんの不動産業者のサイトや情報があり、どの業者を机上査定に選べばいいか、迷ってしまいます。

そこでおすすめなのが、一括査定です。
一括査定とは、査定フォーマットに家の情報を入力することで、何社もの不動産業者から大まかな査定結果を得られるものです。
一括査定を扱っている不動産総合サイトがあるので、そういったものを利用してもよいでしょう。

一括査定のメリットとしては、売却したい物件のさまざまな条件に対応してくれる業者を簡単に探せることです。
家の情報に対して、希望に沿った業者をピックアップしてもらえるので、何社もの会社を個別に探す必要がないので時間や労力の点でムダがなく効率的です。

デメリットとしては、一括査定サイトにはすべての業者が登録されているわけではないので、もっと良い査定価格を提示してくれる不動産業者がほかに存在する可能性があります。

家の売却には時間や労力などが費やされるものです。
効率的に満足のいく売却をするために、まずはネットでの机上査定で業者の特徴や査定の傾向性を読み取るようにしましょう。