所有している土地を売却する際は土地価格の相場を正しく知っておくことが大切です。
相場を正しく知ることで、損をすることなく土地を売却することができます。

そのために土地価格の相場を調べる方法がいくつかありますので上手に利用しましょう。
こちらでは、土地価格の相場を調べられるサイトを紹介しています。
手軽に土地価格を知りたいという人は一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

土地の価格の相場を調べる際の種類

不動産は1物5価といわれるように土地の価格はひとつではなく、割り出し方によって5種類の価格が存在します。その種類とは以下のようなものです。

  • 実勢価格・時価

土地の売買市場の動きに応じて変動する価格です。土地には一定の価格は存在しませんが、特徴が似ている土地の取引価格を比べると、だいたい同じような価格で取引されています。実勢価格や時価は、同様の条件を持つ土地の取引価格帯ということができます。

  • 公示地価/基準地価

国土交通省が毎年1月1日時点の適正な地価を3月に公表するのが公示地価です。基準地価とは、都道府県ごとに毎年7月1日時点の標準地価を9月に公表するものです。いずれの場合も、標準となる地域における1平方メートルあたりの価格を公表しています。

  • 路線価(相続税路線価/固定資産税路線価)

土地を相続する際、また所有する際には相続税や固定資産税が課せられることになります。その課税額を算出するために用いられるのが相続税路線価および固定資産税路線価です。これらを調べることにより、事前に課税額を把握することができるようになっています。

  • 売り出し価格

これは、土地の売買市場や公的に公表される地価とは別に、実際に売りに出されている価格を指します。売主と不動産会社の間で決定された額であり、不動産会社の査定額をもとにしながら売主が希望する売却価格を考慮した金額となります。

  • 鑑定評価額

不動産のプロである不動産鑑定士が、国土交通省が規定する鑑定評価基準に基づいて土地を鑑定した価格のことです。そのため鑑定の精度が高く、公的に公表される地価も鑑定評価額をもとに算出されています。

実勢価格・時価を調べる方法

実勢価格や時価の調べ方として、国土交通省がインターネット上で提供している土地情報総合システムを利用する方法があります。
土地情報総合システムのトップページから「不動産取引価格情報検索」ページにすすむと、土地をはじめとして宅地や中古マンションなどの種類を選べるようになっています。

そこで種類を選んだうえで地域を指定して価格を検索することができるのです。
地域を指定するときは住所や駅名から探せるほか、地図上で該当する地域をクリックして絞り込むことも可能になっています。

検索する種類に土地を選び、調べたい地域を指定して検索すると地域ごとの土地の価格が表示されます。
土地面積や形状、土地に接する道路情報など詳細についても記載されており、自分が売りたい土地と似た条件の価格を調べることができるのです。

ここで表示される価格は、実際に不動産売買が行われた価格について取引を行った本人にアンケートを取り、その結果をもとに算出されたものです。
その地域で行われた取引における相場の価格帯を知ることができますが、フォローできない地域なども存在します。
その場合は他の調べ方で土地価格の相場を知りましょう。

公示地価/基準地価を調べる方法

国土交通省が公表する公示地価、各都道府県が公表する基準地価を調べるには、資産評価システム研究センターの全国地価マップを利用しましょう。

資産評価システム研究センターのトップページから全国地価マップのページに飛べるボタンがあります。
クリックして全国地価マップのトップページに移動し、画面右下の「次へ」ボタンをクリックすると、留意事項が表示されます。
職業を選んで「同意する」ボタンをクリックすると全国地図と都道府県名が表示されますから、該当する地域をクリックすれば価格を調べることができるのです。

その地域の詳細な地図が表示され、その上部にあるタブから「地価公示・地価調査」を選ぶと、公示地価および基準地価の標準地の価格が画面左側の「属性情報」に表示されます。
売りたい土地の地域と近いところの価格を参照するといいでしょう。
表示される価格は1平方メートルあたりのものですから、売りたい土地の面積を積算して地価を算出します。

気をつけたいのは、調べられるのはあくまでそれぞれの標準地の価格であり、自分が売りたい土地の価格と必ずしも合致するわけではないという点です。
そのため、こちらで調べる価格は参考程度にしておくことをおすすめします。

路線価(相続税路線価/固定資産税路線価)を調べる方法

相続税路線価や固定資産税路線価の調べ方は、公示地価や基準地価と同様に資産評価システム研究センターの全国地価マップを参照します。
売りたい土地がある地域を選んで詳細地図を表示させると、上部のタブで「相続税路線価等」「固定資産税路線価等」を選べるようになっていますから、それぞれをクリックすれば路線価を調べることができるのです。

相続税路線価の画面では地図上の道路に沿って矢印が記されています。
その上には相続税路線価と借地権割合が表示されており、売りたい土地に接する道路から路線価を調べることができるようになっているのです。
相続税路線価はおおよそ公示地価や基準地価の80%ですから、路線価に土地面積を積算し、0.8をかけると該当する土地の公示地価や基準地価を概算することができます。

固定資産税路線価の画面は同じく道路に矢印が記されており、その上に路線価が表示されています。
固定資産税路線価はおおよそ公示地価や基準地価の70%で求めることができるため、表示されている路線価に土地面積をかけ、0.7をかけることでその土地のだいたいの公示地価や基準地価を求めることが可能です。

売り出し価格を調べる方法

土地の売り出し価格を調べるなら、不動産会社が提供している情報を参照するのがいいでしょう。
各不動産会社が取り扱っている土地の販売価格を複数比較し、相場を把握する調べ方です。

土地をはじめとした不動産の売り出し価格は、土地の売主の希望販売価格を考慮して不動産会社が独自に設定しています。
そのため、実際に販売する価格は不動産会社によって高かったり安かったりなどばらつきがあるのです。
つまり、1社の不動産会社のみの販売情報を見ても、その価格が相場よりも高い、もしくは安いといった場合、適正な相場価格とかけ離れていて参考にならないといったケースもあるわけです。

さらに、実勢価格や公示価格・基準価格、路線価と比べても価格の上下は予想されます。
売り出し価格を参照するときはさまざまなパターンを想定し、複数の不動産会社の販売情報を収集・比較しながらその平均値を算出して相場を求めるのが無難といえるでしょう。

不動産情報サイトで調べる

インターネット上には、不動産情報を掲載したサイトがたくさんあります。
例えば「at home」や「スーモ」、「HOME’S」といった不動産専門のサイトもあれば、「Yahoo!不動産」や「goo住宅・不動産」のように、ポータルサイトの1ジャンルとして運営されているものも存在します。

これらに掲載されている販売情報を参照すれば、簡単に土地の価格を比較することができるのです。
複数のサイトを参照すれば、不動産会社の情報を複数集めた場合と同様に価格の相場をだいたい算出することが可能になります。

ただし注意したいのは、これらのサイトの販売情報を検索するときに建物込みの物件がヒットすることもあり、土地のみの価格を正しく知ることができない場合がある点です。
また不動産会社の販売情報と同じく、実勢価格や公示価格、路線価などと比べて多少の差異があることも考えられます。

簡単に情報を収集できることはメリットですが、正確な情報に関して把握することができない点はデメリットといえます。

複数の会社に一括査定することの重要性

複数の不動産会社を渡り歩いて情報を収集するのは若干面倒ではありますし、不動産情報サイトをたくさん開いて見比べるのを煩雑に思う人もいるかもしれません。
そのようなときは、インターネット上で土地価格の一括査定を行っているサイトを利用すると便利です。

一括査定サイトでは多くの不動産会社と提携し、それぞれの会社が査定した金額をまとめて参照することができるのです。
これなら自宅にいながらにして売りたい土地の査定額を見積もってもらえますし、複数の会社からの査定を参照することでおおよその相場を把握することも可能です。

不動産会社によって土地の査定額には開きが生じることもあり、ときには100万円単位で差が出るケースも存在します。

それらの差異を把握したうえで、土地価格の相場を算出するのがいいでしょう。
一括査定サイトを利用して複数の不動産会社に査定を依頼することは、手間の軽減だけではなく適正な相場を知るためにも重要なのです。